■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方

"賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
関東を中心として全国的に広まってきましたが、これは昔からの習慣として今でも残っているものなのです。

 

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんが自腹で紹介料を不動産屋に支払うケースは稀で、基本的にはこの礼金から支払われるワケです。

 

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり礼金という名の紹介料を契約者である貴方が不動産屋に支払っているのです。"



■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方ブログ:20年03月28日

昨日は久々にぐっすりねれました。

消費するカロリーが、
食べ物を食べることによる摂取カロリーを超えれば、
今身体に溜まっている脂肪分を使って、エネルギーを作るわけですから、
痩せるに決まっている!

おそらくこのシェイプアップのメカニズムは、
みなさんは既にご存知ですよね?

ところが、頭ではわかっていても、
実際に実行することはなかなか難しい…

そこには、
「シェイプアップしたい!」という気持ちを上回る
「何か」があるのではないでしょうか?

例えば…
甘いもの好きの人の目の前にチーズケーキが出されれば、
シェイプアップしていても、
どうしても手が伸びてしまうのでは?

シェイプアップって、
目の前に先ほどのチーズケーキみたいに、
ニンジンがぶら下がっていないことが多いんですよね。

ですから、
シェイプアップに成功した場合のイメージがしにくいんです!

もともとミーたちには、食欲があります。
視覚とこの食欲が直結してしまうから、
シェイプアップ中でも、
「いけない」とは思いつつも、食べてしまうわけです。

シェイプアップをしようと思ったきっかけには、
「元の体型に戻したいから」とか
「着たい服を着られるようになりたいから」とか…
いろんな理由があるはずです。

そのことをイメージするようなものを
目の前に飾ってみてはいかがでしょうか?

例えば、
昔の戻りたい時代の写真を張り付ける
もしくは、着たい洋服を入らなくても購入して、目の前に飾る…
こうすることで、「どうしても痩せたい!」という気持ちを高めてみましょう。

シェイプアップはカロリーコントロールが上手くいけば、
気持ちで負けてしまうことがない限り、確実に痩せることができるんです!
ですから、気持ちのコントロールも忘れないようにしましょう!

嗚呼,いい気分