■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方


■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方
"賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
関東を中心として全国的に広まってきましたが、これは昔からの習慣として今でも残っているものなのです。

礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんが自腹で紹介料を不動産屋に支払うケースは稀で、基本的にはこの礼金から支払われるワケです。

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり礼金という名の紹介料を契約者である貴方が不動産屋に支払っているのです。"



■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方ブログ:20年01月19日

僕は、シェイプアップというのは「生活」だと思うんです。

決して一発の花火のように、
イベントとして1回やってそれで終わりというものではなく、
一生続けていく生活習慣だと思うんですよね。

だから、日常生活に無理なく溶け込める方法でなければなりません。
そのためには
「小さなことをコツコツと」続けることがとても大事だと思います。

例えば、運動。
スポーツジムに通うなど、
大きなイベントとして実行することができなくてもいいのです。
まとまった時間やお金を
シェイプアップに投資する必要なんてありません。

そんな風に行なったシェイプアップは、
時間やお金が続かなくなった時点でリバウンドして元通りです!

小さなことをいくつも実行し、つなぎ合わせていくほうが、
シェイプアップを長続きさせることになり、
ひいては大きな成果につながるはずです。

「小さなこと」とはどんなことかというと…
例えば、
・ご飯は最低30回は噛むとか、
・お湯が沸くまでの間に踏み台昇降を10回行うとか、
・エレベーターを使わずに階段を上るとか、
・テレビを見ながら踏み台昇降を20回やるとか、

こういったほんの小さなことを少しづつ行うことで、
日常生活の中でも無理なく快適に
シェイプアップを取り入れることができるんです!

食生活でも、
大きく食事制限をするとか、
シェイプアップレシピを毎日自分で作る
…などといった大きなことを行わなくても、

まずは
買おうとしているお菓子のカロリー表示を見るだけでも、
購入するお菓子自体に少しづつ変化が現れますし、
より低カロリーなお菓子等に少しづつ置き換えていけば、
やがてシェイプアップに大きな違いとなって表れてくるはずです。



■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方

■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方

★メニュー

■お役立ちメニュー:敷金について理解をしておこう
■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方
■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります
■お役立ちメニュー:大手不動産屋のメリット・デメリット
■お役立ちメニュー:情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
■お役立ちメニュー:地域密着型の不動産屋
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決して崩さないで
■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう
■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸物件の空室を探しましょう