■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう


■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう
"「賃貸なんてすぐに引越しをすることになるから適当に選べば良い」なんて思っていると後々絶対に後悔してしまうことでしょう。
どんなに賃貸と言いましても生活環境がやはり大切なことですので、信頼出来る不動産屋でじっくりと探すようにしてください。不動産屋が教えてくれる方角表示をそのまま信じてしまうのはちょっと危険なことかもしれません。
正直正確な情報とは限りませんし、もしかしたら不動産屋が予想をして適当に方角を記載していることだってあるのです。

方角表示というのは新人の営業マンが動くことが多くなっており、現地で方角確認を忘れて戻ってきてしまうことがあります。
「確か●の方角だったな」とお店に戻ってから適当に記載しているケースも実際にあるようです。

最近の不動産屋の中には方位磁石すら置いていない正直ダメダメな不動産屋も存在しています。
一度登録をした方角の情報はあまり修正することがありませんので、方角というのは自分自身でチェックをしてください。"



■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめようブログ:19年11月19日

減量を始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのに体操しなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早く減量を終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

減量関連の商品では、
「一ヶ月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の体質にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、減量というのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、体質を壊してしまっては
何のための減量かわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減を一ヶ月の間に実現することが
理想的な減量なんだそうです。

ですから、
一ヶ月に10キロ以上の減量をしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
減量商品のコピーでよく見られる、
一ヶ月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
体質への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、減量の鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しい減量をする必要もありません!

また、
「減量=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「あたくしにはこらえ性がないから、減量なんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
減量を始めましょう!

■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう

■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう

★メニュー

■お役立ちメニュー:敷金について理解をしておこう
■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方
■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります
■お役立ちメニュー:大手不動産屋のメリット・デメリット
■お役立ちメニュー:情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
■お役立ちメニュー:地域密着型の不動産屋
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決して崩さないで
■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう
■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸物件の空室を探しましょう