■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう


■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
"適当に賃貸を探し、そのまま契約をしてしまうと、後々後悔をするようなことがきっと出てくることでしょう。
後悔をしないためにも情報収集をしっかりと行い、足を使って不動産屋を回る必要があるのです。不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件が完全に決まっているのでしたら問題ありませんが、伝え方によっては良い物件を探してもらうことが出来なくなってしまいます。

不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
ただ単に条件を淡々と伝えるのではなく、どのような物件が理想なのかを広く伝えると良いでしょう。

あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
あまりにも条件が適当ですと、後になって後悔をしてしまうことになるので、しっかりと条件は伝えるようにしてください。"



■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:20年01月08日

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。
責任あるポストを任され、毎日が忙しいキャリアウーマン。

このような方々の中には、
減量をしようとしているのに、
「過食」が止まらないという悩みを持っている方が
結構いるようなんです。

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、
人と一緒にいるときは普通なのに、
一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる…ということ。

明らかに心に何か問題を抱えているんですね。
つまり、その問題のほとんどが、
「誰かに愛されたい」という心の寂しさなんです。

しかし、
たいてい本人たちは
「仕事が充実しているから、彼氏がいなくても寂しくない」
「オレは孤独なんかじゃない。だって仲間もたくさんいるし」
と思っているようですが…

小さい息子を見るとわかりますが、
お母さんが忙しく、甘えたくても甘えられない息子って、
よく指を口にくわえていますよね。

これは、赤ちゃんのとき、
お母さんのおっぱいを吸って、
安心した記憶が残っているからなんですよね。

だから、不安なときや寂しいときに、
赤ちゃんの頃と同じように口に何かを触れさせることで、
心の寂しさを紛らわせようとするのです。

これは、大人になってもそれは同じことで、
「過食」してしまうということは、
「食事」という行為で、口に何かを触れさせようとしているんです。

つまり、本人たちは無意識でも、
それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさの現れなのです。

頑張りすぎず、素直に愛を求めれば良いんです!
そうすれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはず。
正常な食欲に戻れば、減量はすぐに成功できるでしょう。

応援クリックしてね・・・プチ
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

★メニュー

■お役立ちメニュー:敷金について理解をしておこう
■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方
■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります
■お役立ちメニュー:大手不動産屋のメリット・デメリット
■お役立ちメニュー:情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
■お役立ちメニュー:地域密着型の不動産屋
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決して崩さないで
■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう
■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸物件の空室を探しましょう