■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう


■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
"適当に賃貸を探し、そのまま契約をしてしまうと、後々後悔をするようなことがきっと出てくることでしょう。
後悔をしないためにも情報収集をしっかりと行い、足を使って不動産屋を回る必要があるのです。不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件が完全に決まっているのでしたら問題ありませんが、伝え方によっては良い物件を探してもらうことが出来なくなってしまいます。

不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
ただ単に条件を淡々と伝えるのではなく、どのような物件が理想なのかを広く伝えると良いでしょう。

あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
あまりにも条件が適当ですと、後になって後悔をしてしまうことになるので、しっかりと条件は伝えるようにしてください。"



■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:19年11月03日

ダイエットで目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
からだを常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
ダイエット終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

ダイエットを始めると、
1日の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
からだに入ってくるエネルギーが少なくなったため、
からだのエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らした食事量でもからだは十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様にダイエット後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前に食事量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
ダイエット後一ヶ月は、
ゆっくりとからだをならす事が大切なんです!

なので、
ダイエット後の食事は
ダイエット中と同様に1日3食をバランスよく摂り入れ、
食事の量は一ヶ月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

からだを作るたんぱく質、
からだの調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
ダイエット中に行っていたトレーニングも
ストレスにならない程度に続けましょう。
トレーニングを続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくいからだになりますよ!
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

★メニュー

■お役立ちメニュー:敷金について理解をしておこう
■お役立ちメニュー:今でも残る礼金の使われ方
■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります
■お役立ちメニュー:大手不動産屋のメリット・デメリット
■お役立ちメニュー:情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
■お役立ちメニュー:地域密着型の不動産屋
■お役立ちメニュー:不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決して崩さないで
■お役立ちメニュー:方角は自分の目で確かめよう
■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸物件の空室を探しましょう