■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンション

"今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。一人暮らしをされている人の多くは今は自宅電話を設置しなく、携帯電話だけで連絡をとっているケースが多くなっています。
防音設備が整っている現在のマンションの場合には、全く電波が入らないこともあるようですのでご注意ください。

 

携帯電話の電波が入らないような物件では、連絡に対応出来ないということで引越しを余儀なくしなければいけないことがあります。
現地調査で部屋の様子や外見を調査するだけではなく、携帯電話の電波状況もきちんとチェックしておきましょう。

 

最近のマンションというのは防音設備はしっかりとしていますが、それが原因で携帯電話の電波が入らないということが多くなっているのです。
アパートでも立地条件によりましては、届きにくい部屋も確かにあるので、しっかりと契約前に確認をしてください。"



■お役立ちメニュー:携帯電話の電波が届かないマンションブログ:19年10月07日

大人とお子さんとでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
お子さんにとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
お子さんが食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

お子さんの食事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

お子さんが摂取する穀物の多さこそ、
お子さんの脳の発達を促すことになるのだ。

母としては、
お子さんの栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母が大量におかずを作ってしまうと、
お子さんは穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカなお子さんが育ってしまうのである。

お子さんには日本の伝統的な食事で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食事を出していては、
お子さんはバカになるだけ…

お子さんというのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけからだも脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人はお子さんみたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
お子さんはそうはいかないのである。