■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります

"あなたがこれから住もうとしているエリアにもきっと賃貸物件が存在しているハズです。
つまりそれだけ数多くの物件から選ぶことが出来るのが賃貸であり、分譲よりも選択肢が多くなっているのです。賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約をした物件に2年間済み、再度契約を更新する場合には、家賃の一ヶ月分〜二ヶ月分を収める必要があります。

 

賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
あくまでも更新料は大家さんに支払うものですので、大家さんと直接交渉をすることで値下げをしてくれることもあります。

 

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
不動産屋にとって定期的な収入となる更新料は、ビジネス展開をする上で欠かせないものとも言えるのです。"



■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となりますブログ:19年12月10日

おはようございます

ダイエットを成功させるためには、
カロリーを減らして、栄養バランスのよい食事する…

と、わかってはいても
昼などはコンビニで済まさざるを得ない人もいるかと思います。

ところがコンビニ弁当でも、
工夫次第ではダイエットが可能なんですよ!

コンビニで売っているもの全てが
「ダイエットの敵」ではないんです。

例えば
「半分残せばいい」と思っていても、
おやつの大袋を空けてしまったら、
結局食べきってしまうのが人の弱いところ…

でも
最初から少量のものを買えば、そんな心配もなくなります。

コンビニで売っているものはたいてい小分けされたものが多いので、
こうしたものを賢く利用しましょう。

また、コンビニで売られている食品のほとんどには、
カロリーや栄養成分が表示されていますよね。

自分の摂取カロリーを覚えておいたり、
カロリーの目安を立てたりすれば、カロリーオーバーが防げます。

さて、どんな実際選ぶにあたって…
基本的に、メインディッシュには野菜スティックとスープ、
果物にはヨーグルト類を選ぶのが理想だと言えます。

お弁当を選ぶのであれば、
常にごはんの量を意識してみてください。

ごはんが占める割合が、
容器全体の1/4なのがベストなごはんの量です。

避けたいのは、7割がごはんで
残りの3割に揚げ物と焼き魚のみといったお弁当。
炭水化物や油分が多いので、太りやすいものばかりになってしまいます。

コンビニの食事で満足感を得る方法はいろいろありますが、
選べる範囲で組み合わせ、品目を増やすことがポイントです。
視覚的にも満足度が大きくなりますよ。

コンビニを上手に活用して、
ダイエットに役立てましょう!

―地球滅亡まであと427日―