■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となります

"あなたがこれから住もうとしているエリアにもきっと賃貸物件が存在しているハズです。
つまりそれだけ数多くの物件から選ぶことが出来るのが賃貸であり、分譲よりも選択肢が多くなっているのです。賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約をした物件に2年間済み、再度契約を更新する場合には、家賃の一ヶ月分〜二ヶ月分を収める必要があります。

 

賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
あくまでも更新料は大家さんに支払うものですので、大家さんと直接交渉をすることで値下げをしてくれることもあります。

 

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
不動産屋にとって定期的な収入となる更新料は、ビジネス展開をする上で欠かせないものとも言えるのです。"



■お役立ちメニュー:賃貸契約は基本2年間となりますブログ:19年11月22日

ダイエットを実践していく上では、
行動できた自分を褒めるという事によって、
次の行動を喜んでできる自分を作り上げていくことが大切です。

決して、自分を甘やかすということではなく、
褒める対象を、行動できた自分とすることによって
次の行動もしくは、行動を継続することへのモチベーションを
強化することなんです。

具体的に言いますと…
「今日はWiifitを10回やった」自分を褒めて、
「あしたもやろう」
とか、
「あしたは11回やってみよう」
という感じで、次の行動に繋げていくのです。

「行動できなかった自分を責める」
と言う風に考えてしまうと、次の行動に繋がりませんし
劣等感と後悔とストレスが溜まるだけです。

だから
できないことや苦手なこと
例えば、スナック菓子を夜中に食べてしまったなど…
に焦点をあてるのではなく、

得意なことや好きなこと、
例えば、Wiifitできた、玄米のライスが美味しかったなど…
をクローズアップすることが大切なのです。

できないことを責めていても意識がそちらに向いてしまうと、
なかなか直りません。

だからいくら
「夜中にスナック菓子を食べてしまった」と自分を責めていても、
夜中にスナック菓子を食べる癖は直らないのです。

それより、
ライスを食べた後は、リラックスできる音楽を聞きながら、
アロマを楽しんだり、マッサージをしたりして気分をリラックスさせて、
スナック菓子を食べたくなる前に、
早く眠るように生活習慣を付けるようにするなど…

自分の好きなことに目を向けて自然と直るようにすることが、
ストレスを溜めないダイエットの秘訣だと思います。